どんなステージのがん患者さんにも希望をもっていただくために、患者さんに寄り添った医療を提供いたします

どんなステージのがん患者さんにも希望をもっていただくために、患者さんに寄り添った医療を提供いたします

当院の紹介

  • 標準がん治療では、効果が期待できない。
  • 標準がん治療を断った。 / 断られた。
  • 標準がん治療を受けているが、副作用がつらい。
  • がん免疫療法に興味がある。
  • 受けているがん免疫療法の結果がおもわしくない。

山手CAクリニックは、そのような患者さんのためのクリニックです。

山手CAクリニックはそのような患者さんのためのクリニックです。

当院から患者さんへのメッセージ 施設の紹介

当院のがん治療について

  • がん複合免疫療法 : 
    樹状細胞局所療法+免疫チェックポイント阻害剤+α

    通常、体内で発生したがんは、免疫システムから異物と認識されて、リンパ球などの免疫細胞によって排除されます。しかしながら、この免疫システムをすり抜けたがんは、どんどん成長していきます。この免疫システムをすり抜けたがんを、再び免疫細胞に攻撃させるには、免疫細胞にこのがんの特徴を教えて、免疫システムから隠れているがんを免疫細胞に認識させる必要があります。
    当院は、免疫細胞にがんを認識させ、そして免疫細胞にがんを攻撃させるため、樹状細胞の局所療法、免疫チェックポイント阻害剤、放射線治療、そして低用量の抗がん剤など、さまざまな治療法を組み合わせて患者さんに提供しています。
    免疫細胞にがんの特徴を教えてがんを攻撃させる、といっても、一度体内の免疫システムから逃れたがんを再度、免疫細胞に認識させ、攻撃させるのは簡単なことではありません。また、免疫細胞にがんの特徴を教えただけでは、がんを攻撃できない場合もあります。がんとの闘いは一筋縄ではいきません。そのため、当院は、がんを治療するには当院だけでなく、患者さんの主治医や患者さんご本人の協力が必須と考えています。

    がんだけを診るのではなく、患者さんの全身状態をきっちり把握して、患者さんとともにがんと闘っていく、これが当院の「がん複合免疫療法」になります。

医師の紹介

院長:木村修

ごあいさつ

まず第一に、がんの免疫療法では、がんを特異的に殺す細胞障害性T細胞(Tリンパ球)をいかに誘導するか(Priming phase:プライミングフェーズ)が最も重要です。進行した固形腫瘍のがんに特異的な情報をリンパ球に伝えることは、容易ではありませんでした。しかし、低用量の放射線照射を併用したり、樹状細胞を腫瘍内に局所投与することなど、数々の工夫を複合的に組み合わせることで、非常に多くの方でこの段階をクリアできるようになりました。我々の免疫治療を複合免疫療法と呼んでいるのはこういった工夫によって様々な角度から免疫応答性を上げる戦略をとっているからです。単に樹状細胞やリンパ球を点滴したり、皮膚に注射するだけでは免疫応答性を上げることはできません。

その次に重要なのは、がんの微小環境において、この誘導された殺し屋のT細胞が効率的にがんを殺せるように如何にバックアップしていくか(Effector phase:エフェクターフェーズ)という点です。これにはT細胞そのものを元気に維持していくこと、あるいはT細胞ががんを殺す際に、がんの味方になって邪魔をする細胞を除去することなど、考えなければならないことがたくさんあります。免疫チェックポイント阻害剤であるオプジーボを使うのはもはや免疫治療では常識となりつつありますが、副作用を起こさないためにはどのような工夫が必要かということも非常に重要です。その他、例を上げればきりがありませんが、先日、緩和ケアに行くしかないと主治医に宣告された進行がんの方で、当院の複合免疫療法のみで6ヶ月で画像データでは腫瘍が確認できなくなった方がおられましたが、複合免疫療法に加えて、最後の1ヶ月に最も効果的であったのは、コントロールがやや不良であった糖尿病の治療を徹底的に行ったことでした。糖尿病患者さんでは、がんの罹患率が数倍になることが知られていますが、この治療を通じて、がんの治療のみならず、癌になりにくい体質改善を行ったとも考えられます。また別の慢性腎不全を伴った患者さんでは、複合免疫療法に加え、慢性的な貧血を改善した直後から免疫が動き出し、治療不可能と考えられていた腹膜播種がほぼ寛解の状態になっています。

このように、単に進行がんの患者さんといっても、抱えている問題はそれぞれ異なることが多いのです。単に免疫細胞を増やすとかではなく、全身の健康状態をチェックし、栄養や代謝のバランスを強化しなければ、再発・進行がんの治療において効率的にがん細胞を消滅させることはできません。当院での治療では、前述したそれぞれ2つのフェーズに関して、患者さんの健康状態を詳細に把握し、障害となっている問題を明らかにすることによって治療効果を高め、その効果をできるだけ長く維持していく工夫をすることがメインになります。

私のところに来られる多くの患者さんは、それまで治療していた施設において「これ以上積極的な治療はできない」、とか「効果は期待できないけど、何もしないよりはマシなので抗がん剤の治療は続けましょう」とか、夢も希望も無い言葉を浴びせられ、心が折れ、絶望に近い状態で来られることが殆どです。でも、簡単に諦める必要はありません。

もちろん、がん、特に進行がんの治療はそんなに簡単ではありませんが、当院ではその困難な状況を打破するべく努力し続けています。

どこに相談に行ったらよいのかわからないなど、進行がんの治療でお困りの方は、ぜひ一度ご来院いただき、ご相談ください。スタッフが一丸となってご協力いたします。

略歴

平成2年京都府立医科大学医学部卒業、同大学院修了。医学博士。
京都府立医科大学附属病院、宇治徳洲会病院、京都第一赤十字病院、ロンドン大学医学部 UCL 小児外科等を経て、平成30年11月山手CAクリニック院長に就任。
日本外科学会認定医・指導医、日本小児外科学会認定医・指導医。
京都府立医科大学医学部 客員教授。

ページトップへ