当院は、自由診療のがん治療として、がん免疫療法「がん複合免疫療法」を提供しています。

当院は、自由診療のがん治療として、がん免疫療法「がん複合免疫療法」を提供しています。

当院のがん治療「がん複合免疫療法」について

  • がん複合免疫療法 : 
    樹状細胞局所療法+免疫チェックポイント阻害剤+α

    通常、体内で発生したがんは、免疫システムから異物と認識されて、リンパ球などの免疫細胞によって排除されます。しかしながら、この免疫システムをすり抜けたがんは、どんどん成長していきます。この免疫システムをすり抜けたがんを、再び免疫細胞に攻撃させるには、免疫細胞にこのがんの特徴を教えて、免疫システムから隠れているがんを免疫細胞に認識させる必要があります。
    当院は、免疫細胞にがんを認識させてがんを攻撃させるため、樹状細胞の局所療法、免疫チェックポイント阻害剤(※1)、そして+αの治療法として放射線治療、低用量の抗がん剤など、さまざまながん治療法を組み合わせて患者さんに提供しています。
    免疫細胞にがんの特徴を教えてがんを攻撃させる、といっても、一度体内の免疫システムから逃れたがんを再度、免疫細胞に認識させ、攻撃させるのは簡単なことではありません。また、免疫細胞にがんの特徴を教えただけでは、がんを攻撃できない場合もあります。がんとの闘いは一筋縄ではいきません。そのため、当院は、がんを治療するには当院だけでなく、患者さんの主治医や患者さんご本人の協力が必須と考えています。

    がんだけを診るのではなく、患者さんの全身状態をきっちり把握して、患者さんとともにがんと闘っていく、これが当院の「がん複合免疫療法」になります。

    (米1)- 免疫チェックポイント阻害剤を使用したがん免疫療法 -
     樹状細胞やリンパ球など、免疫を担う細胞が活性化する際、体内では、樹状細胞やリンパ球を活性化させる信号が働きます。ただ免疫反応が過剰となって、体にとって害とならないように、これらを抑制する信号も体内には存在しています。これまでの研究から、がん細胞はこれら免疫反応を抑制する信号を利用して、免疫の攻撃から逃れている事が分かってきました。
     これらの信号として体内で働いている物質が、CTLA-4、PD-1、PD-L1と呼ばれる、リンパ球やがん細胞の表面に存在するタンパク質で「免疫チェックポイント」と呼ばれます。これらの信号をブロックする事で、がんによる免疫の抑制作用を解除し、がんへの免疫を活性化させようとするのが、免疫チェックポイント阻害剤を使用したがん免疫療法です。
ページトップへ