どんなステージのがん患者さんとも真剣に向き合って「がん複合免疫療法」を提供いたします。

どんなステージのがん患者さんとも真剣に向き合って「がん複合免疫療法」を提供いたします。

免疫チェックポイント阻害剤による治療

がん患者さんが体内にがんを攻撃するリンパ球を持っていたとしても、がん細胞がそのリンパ球にブレーキ(抑制)をかけていることがあります。
そのブレーキを解除して免疫の力を十分に発揮させる薬が、免疫チェックポイント阻害剤(ICI。ニボルマブなど)です。
がん免疫療法は、免疫チェックポイント阻害剤の登場によって、大きく飛躍しました。

樹状細胞局所療法を行わずに、免疫チェックポイント阻害剤(ニボルマブやイピリムマブなど)だけの治療で、高い治療効果を得られるがん患者さんもいらっしゃいます。
当院では、免疫チェックポイント阻害剤だけの治療を希望する患者さんのご要望にも対応しています。詳しくは、医療相談にて医師とご相談ください。

ページトップへ