当院のがん治療
treatment

膀胱がん①

膀胱がん 80代 女性

がん複合免疫療法と放射線短期照射の併用で巨大腹膜播種、肺転移が消失。

診断名

膀胱がん・術後再発
転移部位:肺・腹膜・全身リンパ節・骨(肩甲骨)

当院の治療までの経緯

2011年手術。翌年再発し再手術。その後、再々発が見つかった。
肺転移に対して放射線治療のみ単独で行ったが、効果は認められなかった。
抗がん剤治療により慢性腎不全を併発していたため、これ以上の治療は難しい、と主治医から言われた後、当院を受診した。

治療内容と経過

治療内容

がん特異的な細胞傷害性T細胞の誘導

2018年12月から当院のがん複合免疫療法を開始することになり、樹状細胞投与のためのアフェレーシスと短期放射線照射のスケジュールを組んだ。がん微小環境における免疫抑制因子の除去、および樹状細胞によるがん抗原の認識を高めるため、放射線を腫瘍部位に短期間照射(クリニックC4にて)した。放射線照射の1週間後に、膀胱・リンパ節・右肩甲骨の転移腫瘍部位に樹状細胞を局所注射した。

免疫チェックポイント阻害剤の投与

がん特異的な細胞傷害性T細胞の免疫疲弊をブロックするため、2週間に1回の低用量ニボルマブ(0.3mg/kg)を6回にわたり投与した。

経過

患者さんには慢性腎不全による貧血があり、輸液に加え、アルブミン、輸血などを施行した。全身状態の改善とともに、治療に対する反応も高まり、がんの症状も軽減していった。

MRI画像

考察

進行がんの患者さんには、もともと抱えている成人病や、合併症などで治療が行き詰まってしまう方が多くいます。患者さんの様々な病気に対して積極的にアプローチし、全身状態を改善させることをしないで、効果的ながん免疫療法は行えません。
貧血状態が続くと、全身の栄養状態も悪化し、免疫の「力」が発揮されません。この患者さんは慢性腎不全による貧血等の問題があり、当院の治療初期にはほぼ寝たきりの状態でしたが、合併症に対する全身管理を積極的にしたことで、劇的に症状が改善しました。
現在(2019年10月)は自分で車を運転し、買い物など、行きたいところに自分一人で行き、自分で食べたいものを食べ、がんになる前よりも元気に楽しく過ごせているとおっしゃっていました。私たちも本当にうれしく思っています。